付知町観光協会情報

tsukechi.exblog.jp
ブログトップ

☆付知峡『宮島神社祭』が執り行われます☆

付知峡も、キャンプで賑わった夏から、紅葉が始まる秋を迎えています。
付知峡の宮島・アオミキャンプ場の近くに、付知に住んでいてもあまり知られていない「宮島神社」があります。
付知峡不動公園に行く途中の「攻橋」(紅葉のスポット)の下方の丸い山(丸山)に建てられています。
攻橋の上から下流を見ていただくと、ご覧になれます。
e0020051_10263416.jpg













e0020051_12503461.jpg


年に一度、付知町観光協会と付知峡キャンプ場関係者・地元氏子総代の方々で『宮島神社祭』が執り行われます。
『宮島神社』には、「骨牌地蔵尊」が安置されています。
丸い山の上には、源平合戦ゆかりの古戦場、付知峡宮島の戦いに於いて闘死した源氏・平家の武勇を偲び、冥福を祈り、住民たちによってヒノキの社殿が建てられています。
「骨牌地蔵尊」は高さ19㎝で、源氏方戦死者187名の骨灰を40年後粘土と混ぜ合わせて焼いたものと言われています。
付知合戦の骨牌地蔵尊が木曽の福島町に残っていることがわかり、昭和40年に付知町の宗敦寺(そうとんじ)に安置。
その後昭和55年に宮島神社を建設し、安置されています。

e0020051_11540984.jpg
e0020051_11542567.jpg
            平成28年度「宮島神社祭」の様子









[PR]
by tsukechi-kanko | 2017-10-06 15:53